【楽すぎる専業主婦の嫁,妻が言ったムカつく腹立つ一言】ほんまイライラするわ

専業主婦の嫁、妻

私の嫁は専業主婦だ。

他の家庭の専業主婦に比べ、すごく楽な生活を送っているだろう。

どんな生活か?については以下の関連記事を見てもらいたい。

専業主婦の嫁(妻)の一日は暇?ダラダラぐだぐだ動画を見て昼寝、それでも俺は不満なく愛してるぜ

2017.08.02

私は嫁に幸せな生活を送ってほしいと心底願っている。そのため毎日怠惰な生活であっても、嫁が好きなのであれば不満はない。

けれど、そんな生活を送っているにも関わらず、「退屈すぎる毎日がうんざり」みたいな発言をされると腹が立つ。

私が腹を立てた嫁の発言

先日、嫁はいつものようにソファーに寝転がっていた。すると嫁の妹から電話がかかってきた。

「最近どう~?」

のような、たわいのない内容だ。

その会話の中で、嫁はこんな発言をした。

「やることなくて、ほんと退屈な毎日だよー・・・」

この発言に私は頭に来た。

自分が選んで送っている生活が、幸せでなく、”退屈でうんざり”という意味合いの発言をしたからだ。

ほぼ毎日、1日の多くの時間をスマホやタブレットで、映画・ドラマ・ゲームの娯楽ばかりに費やしている嫁は、てっきり嫁が怠惰な生活が好きでやっているのかと思いきや・・・・単なる退屈しのぎだったとは・・・。

ムカついたから言ってやった。

電話を終えると、嫁は私に近づいてきて、

「なんでそんな不機嫌な顔をしてるの?」

と言ってきた。

何も気付いてない嫁に、私は言ってやった。

私「そんなに”退屈”な毎日なら、掃除や洗濯・ペットの世話(シャワーや毛づくろい)の頻度を上げてやれば?」

と言うと、

嫁「今のぺースがベストだよ。洗濯は明日やるって決めてるし」

“まぁ洗濯は着る服が無くならなければそれで良いし・・・、掃除は私がやりたいからなぁ・・・、ペットの世話は昨日やったばかりだし・・・無理に言うのは違うか”

と引き下がり、

私「なら先月、株の勉強するって言ってたけど、それはどうなった?」

嫁「今はちょっと休憩中」

“まぁやりたくないことをやらせるのは、私が求める嫁の生活スタイルとは違うからな・・・”

と再び引き下がり、結局、

私「もう!退屈じゃなければ!・・・自分が好きな生活を送りな」

嫁「なにそれ」

という感じになった。

嫁は、退屈な生活だけど、今の生活以外に何をすれば良いのか分からないという状況であった。

これまで、

「これほど自由な時間と資金があるのだから、趣味を極めたり、好きなことを突き詰めなよ!まぁお金に繋がれば、私にとってはありがたいけど」等のようなアドバイスを言ってきたが、嫁はそういうタイプの人間じゃないと最近感じ始めた。

ごく普通に、パートなどの雇用人として、体を動かしせっせと働く方が、嫁の性に合っているのかな・・・。

続いて、他の旦那さん達からも専業主婦について思うことを聞いてみたので紹介する。

①運転免許の無い専業主婦の旦那は大変

専業主婦なのに運転免許を持っていない…これはいけません。

すぐにでも運転免許を取らせるべきです。私も運転免許を持っていない嫁をもらいました。

新婚の間は別に何も感じなかったのですが、徐々にイライラが募るようになりました。例えば私が休みの日です。嫁は必ず「どこそこに買い物に連れて行け」と言います。

そしてその買い物は1件だけでは終わりません。食料品から衣類から日用雑貨まで、全て私の休みの日に購入しようと考えるので、あちこちに連れて行くことになり、私自身がゆっくりできる時間はそれ程ありません。

また休みの日に限らず仕事が終わって帰宅後に、「あれが無くなったから今からどこそこに買い物に連れて行って」ということも日常茶飯事です。疲れて帰ってゆっくりしようと思ってもそう簡単にはいきません。

そして更に激しくなるのが子供がで生まれてからです。

赤ん坊はすぐに熱が出たりします。それは仕事中であっても、夜中であっても待った無しです。夜中はさすがに責任を感じますが、仕事中に電話が鳴り「なんとか仕事を抜け出してきて」というのは勘弁です。

会社の方も最初はすんなりと許可してくれますが、さすがに続くと嫌な顔をされるようになります。ダメとは言いませんのでとても気が引けます。

ここで私が一念発起したのです。嫁実家の協力を得て、嫁に運転免許を取らせることにしたのです。

まずは嫁実家に電話を入れ事情を話し交渉した結果、嫁と子供を嫁実家に帰し、日中義母に面倒を見てもらい、その間に嫁を自動車学校に通わせるようにしたのです。

子供と会えないのは寂しかったですが、嫁にはいずれ必要なのだから今のうちに免許を取ったほうが良いと説得しました。

そして約1か月後、無事に嫁は運転免許を取得しました。子供が小学校3年生になった今、実際嫁の運転は我が家にとって必要不可欠なものになりました。

習い事や塾への送り迎えが始まったのです。

嫁も今では「あの時運転免許を取ってて良かった」と言ってます。そして私の負担が軽くなったのは言うまでもありません。そしておまけとして、私が飲みに行ったときに迎えに来てくれるのが個人的にはとても助かってます。専業主婦は絶対に運転免許を取っておくべきです。

②専業主婦の妻とよく喧嘩するのを避ける方法

専業主婦の妻がいます。

子供は2人で、2人ともまだ未就学児です。妻は以前は働いていたのですが、出産と私の転勤に伴い仕事を辞めて、今は専業主婦になっています。

私の仕事は営業職のため、忙しい時期とそうでない時期が割とはっきりしています。普段外に出る機会も多く、夜の会食も割りと多めです。

妻とは普段仲が良いのですが、ふとしたきっかけで、激しい喧嘩になることが稀にあります。

喧嘩になるきっかけとしては、常に家にいる妻のストレスが大きいと思われます。

小さな子供を2人も抱えて、常に家事に追われている妻からすると、私の様子が、仕事とはいえ普段から外で伸び伸びしているように見えるようです。少し会食などがあると、すぐに機嫌が悪くなるため、毎回会食の報告には苦労をしています。

そんな時、絶対に言ってはいけないと学んだことは、「仕事だからしょうがない」という言葉です。

この言葉を使うと、怒りが倍増しますので、気をつけてください。

私としても妻に対しては、イライラすることもあります。家事については私も一人暮らしが長かったため、抵抗なくやっている方だと思います。しかし、妻からするとまだまだ足りないらしく、やったことよりも、やってないことを詰めてくるケースが多いです。

洗濯物の干し方やたたみ方など、妻のやり方に合わせたりなど、気を使っているのですが。そんな時も決して怒らずに、いなければなりません。

怒って衝動的に反抗してしまうと、けんかになり長引くことになります。いつも大変だな、申し訳ないなくらいの気持ちで、感謝するくらいの広い心で収めることが大事です。妻の様子をみていると、専業主婦の仕事というのは、家のことだけでなく、外との付き合いや、子供の面倒を見るなど、多岐にわたっています。

自分がやれと言われるととても大変そうなことばかりをやってくれているので、本当に頭が下がります。まずは感謝の気持ちを持って、接することで、けんかにもならないのではないでしょうか。

③専業主婦に向かない妻

当方、30代男性の職業サラリーマンです。

私には、同じく30代前半になる妻がいます。妻は、現在は専業主婦をしています。結婚して子供ができる前は、普通にOLとして働いていましたが、今では家事・育児のために、専業主婦となっています。

冒頭のタイトルにあるように、女性には、専業主婦に向く人と向かない人がいると思います。それは、引きこもりがちでインドア派な女性は専業主婦に向いていると思いますし、引きこもるのが嫌で、気持ちが外に向いてしまうような女性は専業主婦に向かないと思います。(専業主婦としてのスキルは別問題です。)

なお、私の妻は後者であるので、今は専業主婦として家にいますが、日頃から働きに出たいということを言っています。

よく考えれば当たり前のことかと思いますが、専業主婦とは、基本的に家にいて一人でいることが多く、あまり外部との交流を持つことが少ないです。

最近の日本は核家族が多いので、そういた専業主婦の人は多いです。そのため、もともと性格的に引きこもりがちで、ずっと家の中にいることが苦痛でない女性であれば、その生活リズムは何も変わらないわけですから、専業主婦としての生活に不満は少ないです。

それに対して、私の妻のように、気持ちが外に外に向き、外部との交流を持ちたいと考える女性であれば、ずっと家の中にいることに耐えられないでしょう。そして、それが子供でもできればなおさらその思いは強くなります。

子供がいれば、常に子供と二人っきりで生活リズムは子供に合わせる必要があり、また、基本的に変わらない日常がただ流れるだけですので、外交的な女性であれば、その生活にストレスがかかり、大体が夫に対して不満が爆発することが多々あります。

そして夫婦喧嘩となるわけですが、これを回避するために、夫は妻に対して気を付けるべきポイントがあります。

まず、いつも家事育児を頑張ってくれている妻に対して労いの言葉をかける必要があります。それだけで女性は、自分の頑張りが認められたと思いますので、気持ちが楽になります。

そして、日々の妻の思っていることや考えていること、話したがっていることをちゃんと聞いてあげましょう

女性は、自分のことをとにかく話したがるので、それを言うことですっきりします。

そして最後に、妻が働きに出たいと願い出たら、快く了承してあげましょう。誰だって、家の中にずっといることはストレスが多少なりとも溜まります。それが、外に出ることで発散されますので、妻の不満も解消されます。

このように、自分の妻が内向的か外交的かによって、専業主婦としてやっていけるかどうかが変わると思いますので、自分の妻のことをよく知っておく必要があると思います。

④専業主婦はお気楽か?

専業主婦に対するありがちなイメージ、それは「お気楽」ではないか。

旦那やこどもが出掛けてからは夕方までフリータイム。すきな時間に食べて好きな時間にテレビを見て、特に何もしなくても1日が過ぎて行く。自分の家を見ていても、時間的にも金銭的にも自由が多いことは確かである。

ママ友とのランチなども気軽にしている。「またランチしようね」というのが、まるでママ友同士の合言葉のよう。結構な金額を迷いなく使ってくれる。

ここまでの様子だと、専業主婦=お気楽という図式が成り立ってしまいそうである。

ただし、家事というのは厄介なもので、限りがない。本人次第で手抜きもできるが、やるべきことが果てしなかったりもする。

主婦の仕事といえば、食事の支度、掃除、洗濯、日々の買い物などが代表格であるが、それに付随したこともたくさんある。家の中での面倒くさいことも押し付けられる。

自分は自営業であるため1日中、わが家の専業主婦の行動を見ている。「お気楽」とのイメージが覆されるほど、思っていた以上にやるべきことが多く、大変であると感じる。

知人の男性は「専業主婦なのに○○していない」とか「丸1日あったのに」とかよく言っている。

彼はサラリーマンであり、専業主婦がこなすべき仕事量を正しく理解していないのだろう。自分の仕事ぶりと比べての発言であると思うし、一理あるとも思える。しかしながら、家庭内が穏やかで気持ちよく快適に暮らせるのは、見えないところでの専業主婦の活躍があってこそ、と言うことを少しはわかった方が良いのではないか。

もっとも、サラリーマンと専業主婦の決定的な違いは2つ。

  1. 専業主婦は基本的に自分の時間で動けるということと
  2. 上司や部下といった対人関係のストレスがないということ。

ただし、自分の時間と言っても、旦那に突発的な用事を頼まれることもあるし、また自治会の会合なども急に入ってくるため、予定していたことが思うようにできなかったりもするだろう。

対人関係でも、ママ友とのつきあいやPTAなど、必ずしも自分が好んだ人付き合いができる訳でもない。事実、わが家の専業主婦も、対人ストレスを抱えている。

それで家事・育児をこなしそれなりの苦労をして、報酬は無し。これらのことから考えるに、個人的な見解ではあるが、決して「お気楽」とは言い切れない。男も大変ではあるが、気楽な部分もあるだろう。それはお互い様。世の男性たちも、もう少し専業主婦の大変さを理解してあげては如何なものか。

たまには感謝の気持ちを伝えてみよう。

⑤専業主婦に対する男性の認識と女性の認識違い

先日、テレビのワイドナショーで「名もなき家事」というキーワードについて特集が組まれていました。

「名もなき家事」とは「料理」「洗濯」「掃除」など呼び名がはっきりとしていない家事の事です。

例えば、洗濯であれば、細分化した作業レベルで言うと、洗濯物のズボンのポケットにティッシュなどが入っていないかの確認。洗濯ネットに入れる物を選別、Yシャツなどの襟、袖の黒ずみを事前に取り除く、洗濯後のハンガーのかけ方、取り込み後の洗濯物のたたみ&元の場所への戻しなど、洗濯と一言で片づけてもこれだけの家事があるのにそれらが浮き出てこないということです。

一般的に男性の専業主婦に対する仕事の内容としてはそのような名もなき家事のワードだけが先行し、「たった料理して洗濯して掃除して買い物してだけでしょ」と思っている人が大半ではないだろうかと思う。

その結果、男性が家事手伝いをいざやろうとしても、料理作って終わり(食器の洗い物、片づけまでやらない)、洗濯して終わり(洗濯前の事前準備や取り込み、たたみをやらない。ただ、洗濯物を洗濯機に放り込んでスイッチおすだけ)といったことしか実行せず、主婦の内心としては「え!それで終わり?」という認識だとおもう。

そして男性は「どうだ!やってあげたよ!」とドヤ顔で終わる。

そのような認識の違いが男性と女性ではあると思う。

私の場合、2ヵ月都合上仕事を休業することがあり、その間、専業主夫をやってみました。

実際やってみると、あっという間に時間が過ぎるぐらいにやることが多く、イメージしていた、TVの前で煎餅食べながらゴロゴロなんてできないということがわかりました。

特に一番大変なのは、料理の献立を考えることです。初めの1週間ぐらいは自分が食べたい物や家族のリクエストなどで献立を考えるのは容易いが、それが1か月~2か月と続くと食べる物のネタが尽きてしまい、何を食べようとなってしまいます。

また、子供の学校の給食と被らないようにやたんぱく質やビタミンなどの栄養バランスを考えたり、冷蔵庫の食材の残り、などを考えると食べるものが出てこないです。

私の場合は子供を送り出した9時ごろから少しづつその日の夜の食べ物を考えるようになってきて、その内容次第では買い物をするかしないか、必要な買い出しをするタイミングはいつか、何を買うかの昼からのスケジュールが変わってきました。夕方までには買い物や作るものを決定しておかないといけないし、それまでには洗濯を完全に終了させる必要もあります。

あと、意外にきついのは夜子供が寝付くまでほとんど座れないということです。

夜ごはんの後は子供をお風呂に入れたり、寝かしつけたり、次の日の子供の洋服の準備や学校の準備など、立ち作業が続くので一日中ほとんど立ちっぱなしです。

このように体力的にも結構な重労働であるということを認識する必要があるなとは実感しました。その辺の苦労を実際に体験すると、「名もなき家事」というワードはなくなってくるでしょう。

  • 女性の場合は、独身時代に社会で仕事をやったことがあるから仕事のキツさも知っている。結婚して主婦のキツさも知っている。
  • 男性の場合は、独身時代から社会で仕事しかやっていないので、仕事のキツさしか知らない。

この差が認識の違いとして出てくるのだと思います。

ただし、男性の場合は結婚して年齢を重ねてくると、独身時代(若手)の時の仕事キツさがどんどん増してきて、プレッシャーや責任などが出てきます。その辺は女性の方にも理解してもらいたいですね。

⑥旦那が希望してでも妻に専業主婦でいてもらう理由

我が家では結婚を決めてすぐ、妻には仕事を退職してもらうようにお願いしました。

それはまず、自分には妻を専業主婦で養っていけるだけの収入があるので働いてもらう必要がないから、というのがありました。

そして私はすぐに子どもを欲しいと思っていたし、妊娠したから辞めます、という形はとって欲しくなかったのです。

妊娠するまで働くという女性は多いですが可能なのであれば妊娠を希望しているなら仕事を先に辞めておかないと、急に仕事を辞められた職場は大変だと思うからです。

立場上、雇う側だったので妻は子どもを望むなら専業主婦でいて欲しいと思いました。

また、子どもが小さなうちは働かなくてはならない理由がないなら子どもと嫌という程一緒にいてあげて欲しいのです。

それは大変だけれど、どうせ子どもはいずれ成長して親から離れていきます。それなら一緒に居られるうちは一緒にいてあげた方が良いと考えています。

自分は母が仕事してて子どもの頃に寂しい思いをしたから、という気持ちもあります。

また、結婚して思ったのですが妻は人間関係で疲れやすいタイプです。

仕事ではないにせよ、あまり気にしなくても良い事で思い悩みやすいようで、そんな時は子どもにもイライラしがちです。それなら無理して外に出ないで、うちにいて家事育児をする以外はのんびり過ごしていてもらった方が自分が安心なんです。

自分が仕事して帰ってきて、妻まで仕事で疲れていて食事もお惣菜ばかりというのも嫌ですしね。出来立てのものを作れるくらい、元気でいてもらった方がお金を稼いできてもらうより嬉しいです。

妻があれこれ悩み出すと体調も崩しがちになるし、そうなると家の事や子どもの事も出来なくて大変な状態になってしまいます。

今後も、別に家計はやりくりしていけば子ども二人くらい育てていけるから、外に無理して出かけて働かないでも良いと思うと妻にはいつも伝えています。これからも専業主婦を養っていられる余裕がある収入を稼げるように頑張ろうという気持ちも湧いてきますからね。

⑦旦那が専業主婦の嫁を手伝う必要がある理由

専業主婦ですと朝から晩まで基本的には家に居て、掃除、洗濯、買い物などの家事全般を行います。

夫が朝から晩まで外で働く、妻は家で家事をするという完全に分担が出来ているので、旦那は家で家事全般の手伝いはしなくていいと思います。ただし、重い物を持つ、高いところの物を取るなど、女性として、男性より体格的に不利になるようなことは男性がサポートするべきでしょう。それ以外でしたら、基本的に男性は家で遊んでいてもいいでしょう。ただし、これは平日だけに限ったことになります。

家事は365日行わなくては基本いけません。夫は週休2日ですし、GW、お盆、正月は休みがあります。しかし、家事は週休2日ではありませんし、祝日、GW,正月もありません。ですので、休みの日は妻の家事の負担を軽くするためにも家事の手伝いをする必要があります。

夫も決して家で寝ていることも無く、祝日は妻の手伝い、家事をすることが必要です。

高度経済成長時は妻と夫の仕事は完全に分担されており、夫は日曜日は休んでいました。しかし、時代が変わり、社会構造の変化と女性の進出とともに専業主婦をしている女性も休みが必要と考えるようになりました。家事の仕事はストレスもなく、1人で行えることです。しかし、ストレスとなることもあります。それは近所付き合い、子供のPTAの付き合いなどです。夫のように仕事とは違い割り切って付き合えない場合もあります。無給で行うPTA専業主婦をしている女性がストレスをためるケースがありますので、その点は夫がサポートしてあげなくてはいけません。

専業主婦というと主婦だけの特権で楽な仕事のように思われています。しかし、日々の食事の献立、子供、夫の栄養管理、塾の送り迎えなどのように昔とは違い仕事が増えているのが現状ですし、案外、難しいのです。

手抜きをすればすることもできますが、しっかりと家事を行う女性をサポートをしなくて夫はいけません。

⑧専業主婦の夫への接し方

専業主婦としての毎日は、一生懸命毎日家中を掃除することから始まります。

選択も2日に1回ペース。お昼は旦那の分のごはんは作らなくても良いが、基本三食、何を作ろうか結構悩みながら過ごしています。

夫は、専業主婦に関しては自分が稼げている時や余裕がある時は別に働かなくてもいいけど、経済的に苦しいのであれば共働きするべきであると考えています。

そして、専業主婦は基本的に家のことを全てやるのですが、朝仕事に行って、夜に仕事から帰ってくる夫はとにかく平日はごはん食べてお風呂に入ったらもうゆっくり休みたいようです。

そこで長くおしゃべりをしたりとかベタベタするのではなくとにかく疲れているから、ゴロゴロしながら睡眠をとりたいようです。

土曜日も仕事があるため、土曜日もかえってきたらとにかく休み。

そして、日曜日に一緒に出掛けたりとかたまに外食に行ったり色々とおしゃべりをしたりというのがちょうど良いようです。

自分の睡眠さえ妨害されずに、ゆっくり休ませてもらえることに愛を感じるそうですよ。

休めずに、睡眠もしっかりにとれずに月曜日からまた仕事が始まるのが凄くストレスがたまるようです。

このように、身体をしっかり休めたい。というタイプの夫は、とにかく休めてあげることが大切だと思います。そして、依存体質な妻であったりするとうっとおしくなってしまう可能性が高いので、基本的に精神的に自立をする、もしくは他に趣味や自分のやるべきことをする。など、自分の時間を充実させて大切にすることが出来ると良い関係を作ることが出来るはずです。

無理に、どうしてもっと一緒にいようとしてくれないのとか仕事のことばかりじゃん、などと言ってしまったときにはがっかりすることでしょう。

それで関係が良くなることはないと思います。なので、自分の時間を存分に楽しむこと、休ませてあげること。をしていると、たまに一緒にいれる時間の時などに、たくさん楽しませてくれるようになると思います。

⑨旦那や夫にとって最高で良い専業主婦とは

専業主婦としての毎日は、一生懸命毎日家中を掃除することから始まります。

洗濯も2日に1回ペース。お昼は旦那の分のごはんは作らなくても良いが、基本三食、何を作ろうか結構悩みながら過ごしています。

夫は、専業主婦に関しては、自分が稼げている時や余裕がある時は別に働かなくてもいいけど、経済的に苦しいのであれば共働きするべきであると考えています。

そして、専業主婦は基本的に家のことを全てやるのですが、朝仕事に行って、夜に仕事から帰ってくる夫は、とにかく平日はごはん食べてお風呂に入ったらもうゆっくり休みたいようです。

そこで長くおしゃべりをしたりとかベタベタするのではなく、とにかく疲れているから、ゴロゴロしながら睡眠をとりたいようです。

土曜日も仕事があるため、土曜日もかえってきたらとにかく休み。そして、日曜日に一緒に出掛けたりとかたまに外食に行ったり、色々とおしゃべりをしたりというのがちょうど良いようです。

自分の睡眠さえ妨害されずに、ゆっくり休ませてもらえることに愛を感じるそうですよ。休めずに、睡眠もしっかりにとれずに月曜日からまた仕事が始まるのが凄くストレスがたまるようです。

このように、身体をしっかり休めたい。というタイプの夫は、とにかく休めてあげることが大切だと思います。

そして、依存体質な妻であったりするとうっとおしくなってしまう可能性が高いので、基本的に精神的に自立をする、もしくは他に趣味や自分のやるべきことをする。など、自分の時間を充実させて大切にすることが出来ると良い関係を作ることが出来るはずです。

無理に、どうしてもっと一緒にいようとしてくれないのとか仕事のことばかりじゃん、などと言ってしまったときにはがっかりすることでしょう。

それで関係が良くなることはないと思います。なので、自分の時間を存分に楽しむこと、休ませてあげること。をしていると、たまに一緒にいれる時間の時などに、たくさん楽しませてくれるようになると思います。

⑩専業主婦は家事をまっとうするか、働いてほしい

妻は専業主婦です。新婚当初は働いていました。妊娠を機会に仕事をやめました。子供も小学生となり、働くことは可能です。

家計は厳しいので、働けるものなら働いてほしいのが本音です。専業主婦ではお金は稼げません。

働かずに専業主婦をするなら家事をしっかりやってもらいたいです。今は家事全般やってくれますが、何かにつけてやらないことがあります。用事があったから洗濯物がたためなかった、子供を病院に連れていったからごはんがつくれなかった。それぞれの理由はなっとくのできるものです。ですが、専業主婦ならそのあたりも含めてやってほしいと思います。

専業主婦とは夫婦の家事分担のひとつのかたちだと思います。旦那が外で稼ぎ、妻は家の中の仕事をする。夫が稼ぎに対する責任を果たすので妻は家の仕事に責任をもってほしいと思ってします。

専業主婦であれば、家事はほとんど妻が行い、夫は少し手伝う程度になると思います。ただ、今はその状態にはほど遠く、かなりこちらにも負担があります。こちらが家の収入を100%稼ぐなら妻は家事を100%やってほしいと思います。

ただ、家事分担の流れのなか、前時代的な考え方では古い、ということも理屈ではわかっているつもりです。ここで妻が専業主婦であっても、手伝っていきたい家事を考えてみました。

①まずは、夕食のかたづけです。

食洗機さえあれば短時間ででぎます。鍋などを洗っておいてもらえば、食器の洗浄や感想はそれほどてまかかりません。

②二つめは、部屋の掃除です。

大がかりな掃除は時間が係ります。でも例えば朝出掛ける前に10分ほど掃除機をかけるだけで見違えるようになります。毎日かけるとほこりもたまりません。

③最後は、風呂の掃除です。

これも大規模にやると時間がかかります。お風呂上がりに5分ほどやるだけでバスタブか悪くなったりします。これだけでもやると妻は感謝してくれます。専業主婦ならしっかりやってよ、と思うのですが、夫婦間の円満のために我慢しています。