朝と夜の時間帯に毎日予習復習する息子と子供の勉強にイライラし怒る嫁

子供の勉強

私と嫁は6歳の息子に、土曜日を除き、毎日朝と夜の時間帯に勉強をさせている。

夜は、30分、復習と予習をする。

朝は、10分、予習をする。

私たちは、息子を教育レベルの高い(教え方が上手い)学校に通わせ、最終的には偏差値の高い大学に合格させたいと強く願っている。

そのために「学習の継続」を最も大切にしている。

学校の勉強面において、頭が良くない子供でも「継続」さえしていれば、そこそこ偏差値の高い大学に合格することができる。

例えば、地方の国公立大学や東京のマーチレベルであれば、短い勉強時間でも毎日正しく勉強さえしていれば高確率で合格することができる。(あくまで私の経験と考察に基づいた憶測だが。)

人のIQは、子供時代の環境50%+遺伝50%で決まるとされている。

そのため私たち大人は、正しい環境作りをする必要がある。

例えば、私の場合だと、

  • 子供が勉強を理解しやすいための環境作り
  • 子供が勉強を継続するための環境作り

を大切にしようと考えている。

勉強を理解しやすいための環境作りには、学校選びが重要だと考え、教え方が上手い優秀な教師が集まるような学校を選ぶようにする。

そして勉強を継続するための環境作りは、学校選びと正しい動機付けが重要だと考え、勉強に励む生徒が集まり学問に励めるような制度のある学校を選び、子供が継続して家でも勉強するための正しい動機付けをする。

つまり「学校選び」と「動機付け」を正しくやろうと考えている。

勉強を理解しやすいための学校選びの正しい方法は、多くの人が思いつくであろうし、選択肢も多くない。しかし勉強を継続するための方法は、難しい。特に動機づけが厄介な問題だと私は考えている。

勉強を継続するための環境作り

“子供が勉強を継続するには、どうしたら良いだろうか?”

まず学校選びを挙げたが、その理由は私の中学生・高校生時代の経験に基づいている。

私の中学生時代、クラスの生徒の多くは、勉強をしない人たちの集まりだった。勉強しないのが当たり前で、家ではもちろんのこと、授業でも携帯をいじったり、寝たり、違うことをやったり、勉強しないのが当たり前という雰囲気だった。逆に勉強していたり、テストの点数が高ければ、浮いてイジられる感じだ。

私も多くのクラスメイトに合わせて、授業はもちろんのこと、家でもまったく勉強をしなかった。勉強するのはテスト期間のみ。そのためテストの点数は毎回50点前後、高校もそのような人たちが集まる学校にしか合格できなかったので、高校3年生になるまで偏差値は38。高校3年生になり、ようやく焦り始めて、約1年間猛勉強したが、結局偏差値55レベルまでしか上げることができず、日本大学に行くことになった。

この経験から、普段から勉強していれば・・・正しい勉強方法を知っていれば・・・同じIQの持ち主でも、もっと良い大学に行くことができたはずだと後悔している。だから、地元の公立中学校ではなく、勉強するのが当たり前な生徒が集う学校を選ぶ必要があり、その学校に入学するには受験がある所が多いので、現時点から良い保育園に通わせ、毎日コツコツと勉強させている。欲を言えば、論理的思考を鍛える教室や、英語圏に海外留学も行かせたい気持ちはあるが、本人の意思があるので、そこは強制しない。

続いて、家で勉強するための動機付けだが、よく、「良い大学に行って、良い企業に就職するために、今ちゃんと勉強しときなさい!」と子供を鼓舞する親がいる。私はそれを良い動機付けだと思わない。

私の親も上記のようなことを私に何度も言ってきたが、

“いまいちピンとこない”

“そんなこと分かっているが、まだ先のことだし、やる気出ないし、ゲームしたいし・・・”

となっていた。

子供が勉強する動機は、

  1. 勉強が得意だからする
  2. 周りがしているからする
  3. 人や物のためにする
  4. 怖いからする

の4つあると考えており、1は本人のIQと学問に対する好奇心が主な要因であり、2は学校選びが主な要因であり、3は両親やご褒美などの要因が影響を与え、4は”勉強しなければ〇〇になる”という恐怖、以上の4つがあると考えている。

自由な時間が欲しければ、勉強しろ!

私の息子はIQが高いわけでもなく、学問に対する好奇心が強いわけでもない、至ってふつうの子供だ。

なので、3.何かのため=子供が好きなことする自由時間のために、勉強するよう動機付けをしている。そして勉強しなければ自由時間が無くなるという恐怖も与える。

自由時間は、ゲームを何時間しようが、遊びに行こうが構わない。その代わり、”学校には必ず行き勉強する。そして家に帰っても毎日勉強し、勉強内容を身に付ける!”という条件を出している。さらにテストで満点を取れば、好きなおもちゃを買ってあげるとも約束している。

良い高校や大学に行くために勉強しなさいという動機付けより、ずっと勉強する気になれるのではないだろうか。

ちなみに、3人の子供たちをすべて東大に合格させた母親が「毎日空き時間は勉強する。スマホの使用時間を制限し、恋人を作るのは禁止」としていると以前テレビ番組で言っていたが、IQが高くない凡人の子供にそこまでガチにやらせる気はない。その子供たちは東大に行きたいという気持ちより、母親のために、という気持ちの方が強く、だから頑張れるというようなことを言っていた。

話が脱線したが、取引条件にはもう一つ狙いがあり、これを通して『メリハリを付けれる人間になってほしい』とも期待している。

大人になれば制限がない中で、様々な欲求が出てきたり、刺激的な楽しみに出会うことである。その中で、やらなければならないことはきちんとやる、メリハリが大事になってくる。メリハリを付けることができれば、大きな失敗はしないと考えている。

このように今後私の考えはどう変わるか分からないが、現時点では私の息子には、以上のような方法で勉強させるつもりだ。

ただ一点、心配ごとが・・・

嫁が子供に怒る

嫁が子供に勉強を教えている最中、イライラして怒ることがある。

その原因は、集中力を切らした子供のイージーミス。

「さっき、教えたばっかりじゃん!」

「これは〇〇じゃないって何度も言ってるよ!」

「さっきはできたのに、何で今回はできないの!」

等と怒ります。

息子は嫁が怒っても、はぶてたり、すねたりすることは一切なく、その時は悲しんでも、すぐにケロっと嫁と一緒に笑い合っており、さらに嫁と勉強を始めることを嫌がってないので、大丈夫だろうと思っている一方、私のように、勉強することに嫌気が差し、マイナスな気持ちを持たなければ良いが…とも心配している。

【勉強中に泣く子供】怒鳴り叩いてしまってもケロっとして同じことを繰り返す息子

2017.08.08