何度注意しても子供がうるさい、騒がしい、直らない!私の睡眠を邪魔する息子に腹が立つ

子供がうるさい、落ち着きがない

↑午前10時になるまで、起きなかった義理の息子。

最近私の義理の息子は、翌日が休日であれば前夜、夜更かしをすることが多くなった。

その理由は、嫁も夜更かしをするようになったからだ。

以前まで翌日が休日でも22時や23時には寝ていたのだが、最近は0時~1時までスマホをいじるようになった。

そのため息子もその時間帯まで起きて、スマホでYoutubeを観たり、ゲームをして遊ぶ。

これに関して私は、否定的な意見はない。なぜなら個々の自由だからだ。

私は息子がちゃんと学校に行き、毎日家で30分~1時間の勉強を集中してやるのであれば、息子の自由時間を制限することはしない。嫁に関しても、私が求める家事をするのであれば、嫁の時間は嫁が自由に管理すれば良いと考えている。

逆に自由な時間がほしければ、することはきちんとしなければならないというメリハリを持ってほしいと期待している。

しかし・・・それでも大前提として、

「私の邪魔をするのは許さない」

私は翌日が休日の前夜は、22時~23時に寝て、7時~8時には起床をする。

そのため私は嫁や息子よりも早く寝る。

しかし先日の息子はひどかった。

いつもは嫁が設定する小さな音量でYoutubeを見ているので、まったく問題無かったのだが、先日は、

  • ゲームに夢中になり、時折声をあげ、足をバタバタさせる。
  • 連れに「シーっ」と注意されても、また同じことをする。

私たちは一緒のベッドで寝ているため、私への影響は大きい。

その結果、2度も起こされた。

2度起こされた後も、息子は上記の行動を止めない。

その時、私は二つ考えが生じた。

①「口で分からなければ、恐怖を与え、さっさと止めさせる」

②「いや、息子は嫁からの”静かに!”という本質を分かっていない。なぜなら静かにする尺度は私にあって、息子自身の尺度ではない。息子はこれくらいで問題ないと思っているから、何度も注意されても、それを真摯に受け入れていない。そのため私から息子に強く注意して、分からせ、止めさせる」

まぁ①が良しだったとしても、”子供に怒鳴らない、手をあげない”という父親として私が決めたルールに反するので、実行はできなかったが・・・。

結局、私は息子に対して、

「君の足のバタバタと声のせいで、2度起こされて、迷惑している、止めろ!」

と、怒った口調で伝えた。

すると、嫁がスマホをいじるのを止め、息子にも止めさせて寝ることになった。

息子が私の真意を理解したかは分からないが、まぁ次からは気を付けることだろう。

とは言え、最初に①の考えが発生した時点で、私は

“義理の息子を愛していないし、他人の子供なんてどうなったって構わない”

という本心があることに気付いた出来事だった。

参考になるコメントを頂きました。

とても良いご意見をいただいた。

上記では自分の本心を書いたが、自分の気持ちはどうだあれ、子供を可愛がる行動を子供と嫁のために起こしてあげるべきだと感じた。これまでも起こしてきたが、やはり自分の気持ちに弊害があり、距離感だったり、嫁任せの部分があったのが事実だ。

しかしその気持ちを捨ててでも、家族に従事することが私の責任であるのかな。

↓↓↓↓↓↓↓↓

厳しいことを書いてすみません。

正直妻目線からすると子供を愛してくれないなら一緒にいてもイライラすると思います。

私は旦那のあまりの幼稚さと自己中さと子供に関わらない点で離婚をたまに考えます。最初から連れ子がいるとわかっているのに付き合うなら覚悟が必要です。

自分の子供を不幸にしてまで男性と一緒にいたいと思う女性は少ないです。

本能でオスは自分以外の遺伝子を持つ子供を可愛がれないかもしれません。子供が好きじゃないなら連れ子がいるひとを好きになるべきでは無かったと思います。

私は連れ子がいて旦那と再婚しました。学費もだしてくれますが子供と向き合って遊ぼうとしません。二人でいるときの旦那は好きですが子供に関わらない旦那は嫌いです。

離婚もたまに考えます。

子供がなつかないのは自分が子供に向き合わないからです

仕事柄他人の子供の面倒をみていますが、やはり子供は関わった分だけ、なついてくれたり笑ってくれます。あなたが逆に連れ子だったらどうしますか?

父が自分を毛嫌いしていて母親には優しい。そんな生活は耐えられますか?いつかは奥さんも貴方の考えについていけなくなりますよ。

奥さんを失いたくないなら子供を可愛がるのがよいかと。可愛がるためには貴方が世話をしてみることです。自分の時間を持てる父親は幸せです。ですがマイペースいつまでも続けたらそのうち奥さんに貴方はお金稼ぐ人としかみられなくなりますよ。