腹が立つ!小学生の子供が友達から意地悪されている時の対処方法

子供のいじめ

私の子供は小学校1年生で、後ろの席の子から消しゴムのカスを投げつけられるという意地悪・嫌がらせを受けていた。

私の義理の息子は今年の4月から小学校へ入学した。

新しい環境に足を踏み入れることは不安が付き物だ。

怖がり屋の息子は入学初日、涙を浮かべながら学校の門をくぐった。

先月までは、

「時間が経つのが早い!」

「先生が優しい!」

と保育園に通っていた時よりも楽しそうな感じだった。

だが今月に入り、

「学校が楽しくない」

と言ってきた。

なぜかと問うと、

「後ろの席の子が消しゴムのカスを投げてくる」

と言う。

「で、どうしたの?」

と聞くと、人見知りで怖がりの息子は、

「意地悪の子が反抗してくるのが怖い」

と何も言えず、耐えていたらしい。

続いて、

「先生に言ったの?」

と聞くと、

「言ってない」

と返答。

理由は、先生に言うと、その子に何か言われそうで怖いというようなことを言ってきた。

どう対処すべきか?

まず我々は子供に、

「やめろ!」

と自分ではっきり相手に伝えるべきだと言った。

おそらく同級生の相手は、自分がしていることがいけないことだと実感しておらず、それが息子に深刻な不快感を与えていることに気づいていないと考えたからだ。

またこの先、同様な不快なことをされた場合、何も言えず耐えているようなだけだと、辛い学校生活を過ごさなければならない可能性が高いと考えたからだ。

息子は怖がりでシャイだが、これまでの親戚の子供たちや嫁の友達の子供たちとの交流から察して、一旦その壁を超えれば、そのことへの抵抗はあまりない子供だと考えたのもある。

それと同時に私たちは担任の先生に報告した。もちろん子供には許可を取った。

なぜなら同年代の息子が言っても聞く耳を持たない可能性もあるからだ。

先生に意地悪の件について伝えると、先生はそのことに気づいておらず、意地悪な子に注意してもらうことになった。

先生の迅速な対応のおかげで、子供が自分でやめろとその子に言う前に、先生が話をつけてくれた。

その結果、息子は意地悪されなくなり、その子から何も言われることはなかったという。

その子がまだ聞き分けのある小学1年生で良かったと感じる。

学校で意地悪されないような子供に育てたい

このような問題が起きてから、息子を意地悪されないように育てるのも親の責任ではないかと気付かされた。

いつの時代になっても、平気で人を傷つける奴がいる。学校に限った話ではなく、社会においてもだ。大小関わらず、コミュニティに所属すれば、必ず嫌な奴は存在する。

「このくらい大丈夫だろう」

「自分がやりかたいからやる!」

「え?これの何がいけないの?」

「お前が○○だからだよ」

等と自分本位の考えで、多様な価値観を持つ他人、一人一人と向き合わず、他人のことを気にしない奴は多い。

他人のことをいちいち考えるなんて無駄な労力だと感じる奴もいるし、他人の子を気にできない・気づかないという奴らもいる。

もしやられた側が「それはおかしい!やめろ!」と言ったとしても、年齢を重ねるごとに自分の価値観にはまっていく意地悪な人たち(特に立場が上だと思っている人たち)は、

「何言ってんの?」

「何こいつ」

などのように受け止める。

そんな奴らに、受け身の奴らは傷つけられる。

最終的に受け身の奴を助けられるのは、自分のみだ。

親は一緒に悩んでくれることしかできない、先生は表面的な対策を行うことしかできない、友達は楽しいこと以外は基本的に関わりたくない。

自分で何とかしないといけないのだ!私の息子も。

大小関わらず、それぞれのコミュニティ全体で見ると、傷つける奴・傷つけられる奴など関係なく、リーダーとその仲間たちを中心に物事は進んでいく。最も楽しく、充実した日々を過ごせるのはそういう奴らだ。

そういう奴らになれば、子供もきっと幸せになれるだろう。しかしそれには向き、不向きがある。

だが我々親は息子が学校というコミュニティにおいて、自分で何とかできるような基礎を育ててあげることはできると思う。

  1. 頑丈な体格。
  2. 丈夫な心。
  3. 賢い頭。

大きく分けて、以上の3つをたくましくしていきたい。

  1. 頑丈な体格は、普段の運動から。
  2. 丈夫な心は、考え方や経験から。
  3. 賢い頭は、理論的に物事を捉えられ、伝えることができる日常会話から育てていきたいと感じた。

続いて以下は、その他の小学校での意地悪や嫌がらせ、そしてその対処法について実際の経験者の体験談とアドバイスを紹介する。

少しでも小学校での意地悪や嫌がらせに悩んでいる人が参考になれば嬉しい。

①子どもが不快に思うあだ名をつけられて嫌がっていた

同じクラスの男子児童が、娘の名前のことでからかってきていました。

あまりない名前なので、そういうからかいの対象になるかも知れないとは薄々思っていましたが、最近は変わった名前も多いのでまさか名前が理由でイジワルなことを言われるとは思っていませんでした。

子どもが親に不快に思っているということを伝えてくるというのは、本人が自分では言い返したり良い対処方法がないということです。

最初は「その名前は親がつけた大切な名前なんだから、堂々していなさい。」と言いましたが、相手の男子児童は調子に乗ってしつこく呼んで来るそうです。これはもう親が口出ししなくてはいけないことだなと思い、まずは先生に連絡帳で伝えました。その時に、親の私がそのことをどう思っているのかということを伝えなくては、相手の子どもも理解できないだろうなと考えました

どうしてあだ名を付けることを子どもが嫌がっているのかということをまず書きました。次に、名前は親からの生まれて一番最初のプレゼントであり、その名前を歪めて子どもが不快に思うようなあだ名を付けることは良くないことだということを書きました。

それは子だけを侮辱しているのではなくて、名前をつけた親に対する侮辱でもあります。

先生が早期に解決してくれるかどうかは不安がありましたが、まずは先生にお任せしようと思いました。するとすぐにその日に、問題の子どもを呼び出して、私からのメッセージをうまく伝えてくれたようで、その場で娘と男子児童は和解することができました。

子どもも明るい顔で学校から帰ってきて、先生がきちんと話してくれたことを伝えてくれました。すぐに親が対処して解決できたことは、親子間にとって良い経験になったと思います。

先生の関わり方次第ではうまくいかなかったかも知れませんが、結果はうまくいきました。

娘にも「困ったことがあればこれからも何でも言ってね。ママが解決してあげるから。」と親が守ってくれるということが分かったようで安心していました。

子ども同士で解決しようとするとこじれるし、いきなり親が出てきてしまうと余計にこじれてしまいます。敢えて、もう先生にお任せするのはとりあえず無難な方法だと思います

②整列した時に後ろの子に叩かれる

私の子が低学年の頃、整列した時にわけもなく叩いたりちょっかいをかけてくる子がいて困った経験があります。

それは入学式から始まりました。

一列に整列し、クラスごとに移動して体育館へと入るという時のことです。

うちの子は後ろの子に叩かれていました。それだけではなく、両手で前に押されたりもしていて、後ろばかり気にしていたんです。と言ってもうちの子もやられて我慢ばかりしているほど大人しい子でもないため、後ろを向いて「やめてよ!」「なんだよ!」と怒っていました。ただ、叩き返すほどやんちゃでもありません。

その光景はいかにも意地悪をされている被害者そのものであり、本人がどれほど嫌がっているかひと目でわかるものでした。

入学式が終わってから子供にはこう言いました。

「とにかく嫌だという意思表示はし続けること」、「またやられたら先生に言うこと」と。

そして、私からも連絡帳を使って先生に報告し、注意してもらうように促しました。

しばらく様子を見るという選択肢もありましたが、入学早々こんな目にあっている我が子がかわいそうで黙っていられなかったというのもあります。

また、最初からしっかりと対応し、「学校で嫌なことがあっても親が助けてくれるから安心!」と我が子に思ってもらいたいという狙いもありました。

担任からは「注意深く見ておきます」といった返答があり、数日経ちました。

その後も後ろの子から叩かれたりちょっかいをかけられるという意地悪がおさまらなかったため、もう一度連絡帳を使って先生に連絡をしたんです。

その時は2回目ということで前回より強い口調で訴えてみました。

「入学からずっと意地悪をされていて本人もかなり辛いようだ」「聞いている親も不快で仕方がない」という感じです。

そして、「今日も意地悪をしているのを見かけたので強く注意しました」「今度も気にかけます」といった返事があり、意地悪は徐々におさまりました。

我が家の場合は担任の先生が頼りになる方だったのもあり、強気で対応してもらえたように思います。

また、担任を信じて訴えたことも良かったのではないでしょうか。

先生だって頼られれば適当には対応できないはずですし、我が子も親や先生が味方という安心感もあって気弱にならずに済みました

③小学2年生の意地悪や嫌がらせは先生介入で収まった

私の娘が小学校2年生のある日、元気が無い様子で学校から帰ってきました。

子供が「ただいまー」と帰って来た時の顔を見ると、その日はどんな一日だったのかが、だいたいわかります。

それまでも、何度となく元気が無い様子の時はありました。

友達とのちょっとしたもめ事などがほとんどで、話を聞いてアドバイスをしたり、どうしたらいいか一緒に考えたりして解決できていました。でも、その日はいつになく表情が暗くて、問いただすと、涙があふれてきて理由を話すこともできないほどだったので、これは尋常ではないと確信しました。

しゃくりあげるように泣いて少し落ち着いた頃に、ポツリポツリ話をしてくれた内容、それは…。

同じクラスの前後席の子などに、最近ずっと意地悪をされている。

先生が配るプリントを自分には触らせないようにする。

ようするに、前の子がプリントを後ろの娘に渡さず、一枚娘の机に置いて、その後ろの子にわざわざ渡すらしいのです。汚いから触らせるなと言わんばかりに、面白がってやっているらしいことがわかりました。

前後は男の子です。

最初は、面白がってやっているたわいのないものかと思いました、正直に言うと私の娘は、デリケートすぎる所がある、控えめでおとなしいタイプです。もちろん清潔でいじめられる要素はありませんし…。

やめて!と言えば終わる程度の事かもしれないと思いました。

ところが、じっくりと状況を聞いていると、やらせているのは前の方に座っている女子だと言うのです。それはもう、からかいの範疇を超えていると感じました。

プリントが配られるたびに味わう、理由さえわからない苦痛を見過ごせるわけもなく、様子を見ようなどとほっておいたら、クラスでのいじめに発展しかねないのでは?と思いました。

話しを聞き終わって、娘に言いました。

話してくれて、ありがとう。何日か我慢して辛かったね。これからもこんな事があったら、すぐに教えてね?からかっているとか、ふざけてやっているのとは違うと思う、最初はそうだったとしても、そんな事は許されるべきことではないから、お母さんが先生に話をしてこようと思うけれどいい?と聞きました。

娘には事の重大さはわからなかったとは思いますが「うん。」と言ってくれました。

それから、少し悩みましたが、とりあえず学校に経緯を知らせようと思いました。ただし、その時の担任を正直信用できていなかった私は、文書にして渡す事にしました。口で言って、軽く扱われたり、先生にうやむやにされたくないと思ったからです、文書にすれば、担任から上の人に相談する際にも、それを見せてもらえると考えました。

さっそく、次の日の朝手紙を持って学校へ。ちょうど教頭先生がいらっしゃったので、よろしくお願いしますと渡し、後は学校の対応を待つことにしました。

その日の夕方、先生が訪ねて来られ、生徒を呼び出し話を聞いたと経緯を聞きました。生徒にはちゃんと話をしました、三人とも反省していました。という事でした。

正直、それだけで根本的な解決出来たわけではないし、納得していません。とはいえ、いやがらせをいち早くやめさせる事がいちばん重要だったので、収まらなかったらもう少し対応を求めるべく様子を見ようと思いました。

その後何度となく、娘に訪ねましたが、それ以来何もされていないという事なので、とりあえずは安心しました。

私の対応が正解だったのかは、わかりません。2年生だったから、それで終わったのかもしれません、高学年ならちくっただのなんだのと、いじめがエスカレートしたかもしれません。

それでも、私は同じ対応をすると思います、いじめがおさまらなければ、その親も巻き込んで戦いますし、そんな学校こちらからやめさせます。

正解なんてどうでもいいんです、子供を守ることできればそれでいいと思っています。

④小学3年生の娘が同級生の男の子から消しゴムや紙くずの意地悪を受けた時の解決法

娘が小学3年生の時に受けた意地悪について書きたいと思います。

3年生になって数ヶ月が経過した頃から、娘の様子がおかしいなと感じるようになりました。食欲がなく、口数が少ないので「学校で何かあったのかな?」と心配しました。娘は大人しい方なので、嫌なことをされても強く言えない性格です。

私はさりげなく、学校のことを聞きました。クラスには慣れたか、どんなことを勉強しているのか、好きな子はいるのか、困ったことはないか、など。本当に聞きたいのは最後の困ったことですが、いきなり聞いて逆に言いづらくなってしまうといけないなと思い、少しずつ聞き出しました。

娘は、楽しそうに私の質問に答えてくれていましたが、困ったことはないかの質問をしたときに突如俯きました。私はやっぱり何かあったんだと確信し、困ったことはお母さんと一緒に考えたら楽になるかもしれないよ、と優しく言いました。

すると娘は泣きながら話してくれました。原因は同じクラスの男子二人にありました。

席替えがきっかけで、その二人に挟まれるような形になり、いつも両隣から消ゴムを投げたり、紙屑を捨てといてなどと言って娘の席に置いたりするようです。一人ならできないことでも仲間がいれば気持ちが大きくなり、そのような行動に出ているのかなと思いました。次の席替えはまだ先だと聞き、私はどうしたものかと考えました。

とりあえず娘からその男子二人の名前を聞きました。誰にも言わないでと娘に言われたので、先生に相談するのは今はやめておいた方がいいなと感じました。

どう対策をしようかと悩んでいた時、たまたま参観日が近いことがわかりました。

私は「これだ!」と思い、参観日を利用することにしました。参観は午後一番の授業なのですが、私は間違えたふりをして早めに学校へ向かいました。小学校はお昼休みで、給食を食べ終えた子供たちはグランドで遊んでいました。

私はそろりそろりと娘の教室に向かいました。娘が給食を食べている姿を見つけ、ばれないように廊下から見ていました。すると両隣の男子が度々娘にちょっかいをかけているのがわかりました。

「食べるの遅いぞ」などと言って、体を小突いたりしているのが見てとれました。娘は俯いて給食を少しずつ食べていました。

しばらくすると、食べ終えた子供たちがチラホラ教室から出てきました。そして私の姿を見て「誰のお母さん?」などと声をかけてきたので、私は「間違えて早く来すぎちゃったの。」などと話しました。

すると娘にちょっかいをかけていた男子二人が教室から出てきたので、私は呼び止めました。そして優しい口調で、「娘と仲良くしてくれてるみたいでありがとう。これからもよろしくね。」と言いました。二人はドキッとしたような顔をしましたが、小さく「ハイ」と言って、去っていきました。

それ以降、娘はとても元気になりました。知らないふりをして最近意地悪されるのはマシになったかを尋ねると、すっかりなくなったとのことでした。それどころか急に優しくなったと言っていて、私は笑ってしまいました。

子供を守れるのは先生より親なのかなと感じました。

⑤意地悪されて落ち込む子供には親が常に肯定して自信つけてあげましょう!

もし、我が子が友達に意地悪されたりしても何も言えなかったら。友達から都合良く使われて、それに嫌だと主張出来なかったら。友達と遊ぶ約束したのにすっぽかされてばかりだったら。

こんな時、あなたは親としてどうしたら良いか悩みますよね。

でも、我が子が悪い事してないのに友達がそういう事をしてくるのですから、そこは仕方ない、ですか?そんな友達とは付き合わないように言い聞かせますか?それともなんで意地悪されたら怒って言い返したりしないのよ!と我が子を責めますか?

どれも、しなくて良いです。

特に我が子は絶対に責めてはいけません。

意地悪されて心が傷付いてるのに、それを親が余計にズタズタにしてどうするんですか。

そうではなく、我が子はどこも悪くないとまずは伝えてあげましょう。

そして親として、我が子は悪くはないけど、我が子の自己肯定感が高くないのが意地悪されてしまう原因でもある事を認めましょう。

見た目や言動によって意地悪されることもありますが、それをされた本人がすぐに怒ったり強気な態度に出た場合、あまり続かないものです。ちょっかい出してもやり返してくる、こいつやるなと相手に思ってもらえさえすれば、あまり意地悪が続いたり困った事にはならないんです。

つまり我が子が意地悪されてたら、都合良く使われてたら、親だけは絶対に我が子を否定せず常に肯定してあげてください。

そして、我が子がどんな事であれ自己主張するのを喜んであげると良いんです。

なぜなら意地悪されてしまう子って、優しくて気遣いがあり過ぎて自己肯定感が低いから、あまりワガママ言えなくなってるんです。

我が子のワガママを、よほど酷くないなら認めてあげましょう。

もちろんダメなものはダメ、で良いけれど、子供らしくワガママを言える子供ってなかなか意地悪されません。

我が子が意地悪されちゃうといってるおかあさ、ワガママ言わせてあげてますか?

ワガママを言う我が子も、否定から入るのはやめてまずはその気持ちを肯定してあげて下さいね。

自己肯定感が高くなり、自己主張ができるようにさえなれば意地悪されてもへっちゃらな強い子になりますよ。

⑥小さな意地悪でも、初めの対応が一番大切

小学生の嫌がらせは、最初は消しゴムのカスを投げたり、机に小さな落書きをしたりと小さなことかもしれません。しかし、そのままにして置くと、それはやってもいい行為だと勘違いすることも多いです。

そして、消しゴムのカスが物に変わり、机の落書きが乱暴な言葉に変わることもあります。

中学まで同じことが続くと、今度はいじめとなるかもしれません。

初めに起きたいたずらか、いじめか、からかったのか、構って欲しかったのかという幼い気持ちの段階で、相手がいやな思いをしているからやってはいけないことだと、しっかりと教える必要があります。

嫌がらせをした子には、やられた方には親などの大人の味方がいるということをしっかりと見せつけるべきです。学校にも、しっかりと話をするべきです。こういう場合は、教師の顔色を伺う必要はないです。

相手の親にも凛とした態度でいいと思います。

実際に、自分が小学生の頃に、他の子の教科書をわざと噛んだり、いたずらをしていた子は、近所で有名な要注意人物でした。小学校1年生で、髪も派手に染めていたので、今自分が大人になって思うと、親の教育方針もどうかと思っています。

結局、住みにくくなったようで、引っ越していなくなりましたが、周りはやっといなくなったという雰囲気でした。

幼い時期から、親がやっていけないことを教えていなかったと思います。

学校の先生にも、子供だからそれくらいと甘い考えの人もいますが、そういう先生は昨今のいじめ自殺問題を軽視していると思います。

先生との話し合いの際には、レコーダーや、メモなどきちんと記録を残すことをおすすめします。あまりにも学校が何もしてくれなかったら、教育委員会や、NPOなど学校での問題解決に取り組んでいる団体も多いので、専門家を頼る方がおすすめです。

学校も、専門機関が出てくると態度を変えます。たとえ小さな意地悪でも、初めに親が強く出ることで、子供には守られているという安心感もあり、相手の子供や親にも強く出て、これからは距離を置いてくれるくらいの方がいいと思います。

それで仲間ハズレになっても、転校などの手段もあるし、嫌がらせして注意されたら仲間はずれにするような子達と無理に一緒にいても子供が辛いだけです。

⑦子供への聞き方、学校への伝え方

日本の学校ではクラスのリーダー的な子が幅を利かせている状況、よくありますよね。小中高、関わらずです。少し垢抜けたリーダーを中心に、クラスの後ろの方に陣取っている光景。教室内ヒエラルキーと言うやつです。

そうでない子が、そんなリーダー的な子と少し意見を違えたりすると大変です。キッカケは当人も思い出せないような小さな事。「ぶつかって謝らなかった」「何らかのまずい行動を指摘した」など。すると次の日から、そのグループから無視されます。巻き込まれたくない他の子からも、少し距離を置かれます。

我が子も小5の時分、同じようなことがありました。

親が気づいたきっかけは、小さなノートの切れ端。授業中にやりとりしたんでしょうか、お互いの主張が交互に書かれている紙が、自宅の机の上にありました。所々に汚い言葉も。相手が少し自己主張の強いリーダー的存在の子であることは親も知っていましたし、我が子が普段はあまり主張しない子であることも理解していました。途中から、そのリーダーと、その仲良しの子達のコメントまで登場していたので、我が子対リーダーグループのやり取りになっていると察しました。

「学校で何かあった?」それとなく当人に聞くのですが、「別に」という反応。言いません。そんな対応が4〜5日続いていました。

2週間経っても、どこか元気のない我が子。親も少し心配に。その週末、たまたまあった公開授業で、思い切って担任のおばちゃん先生に相談しました。少々ぽっちゃり、評判の良い母性の塊のような先生です。

授業後の立ち話で、あったことをそのまま伝えました。自分の意見は含めず、事実だけ。すると「あらま。言ってくれてありがとう。それとなく聞いてみますね。」という反応。

その後どうなったかというと、次の週のある朝、すこし機嫌が良くなった感じの我が子がいました。何か進展があったようです。

しかし実は、何があったかも、親は知らないまま今に至ります。その後、担任から話があったかというと、何もありません。そもそも「学校に行きたくない」などと一度も言わなかったし、いま普通に通学していますので、こちらの思い過ごしだったのかも知れませんし。親としては、元気に学校生活をおくってくれれば、それいいので、掘り返さないことにしています。

さて、そのときの対応を振り返ると、結果「親が過剰反応しなかったのが、よかったのかな」と感じています。

子供へ、ストレートに「○○さんと喧嘩してるの?」と聞けば、親の介入を意識するでしょうし、まして「あの手紙は何?!」なんて怒ったら最悪だったと思います。

学校(担任)にも、立ち話的に相談したからよかったと分析しています。親が取り乱し、かしこまって学校に伝えたら、話が大きくなっていたのかなと。かといって言わないと何も変わらないので。結局、先生の何らかの対応が奏功したことは明らかですので、これでよかったと考えています。

昨今、いじめ問題とかモンスターペアレント問題とか、心配事は尽きません。しかし、親が取り乱したり、過度に干渉していい方向にならないと考えます。私の事例が、少しでもお役に立てれば幸甚です。

⑧意地悪されて落ち込む子供に親ができる対応

もし、我が子が友達に意地悪されたりしても何も言えなかったら。友達から都合良く使われて、それに嫌だと主張出来なかったら。友達と遊ぶ約束したのにすっぽかされてばかりだったら。

こんな時、あなたは親としてどうしたら良いか悩みますよね。

でも、我が子が悪い事してないのに友達がそういう事をしてくるのですから、そこは仕方ない、ですか?そんな友達とは付き合わないように言い聞かせますか?それともなんで意地悪されたら怒って言い返したりしないのよ!と我が子を責めますか?

どれも、しなくて良いです。

特に我が子は絶対に責めてはいけません。

意地悪されて心が傷付いてるのに、それを親が余計にズタズタにしてどうするんですか。

そうではなく、我が子はどこも悪くないとまずは伝えてあげましょう

そして親として、我が子は悪くはないけど、我が子の自己肯定感が高くないのが意地悪されてしまう原因でもある事を認めましょう。

見た目や言動によって意地悪されることもありますが、それをされた本人がすぐに怒ったり強気な態度に出た場合、あまり続かないものです。ちょっかい出してもやり返してくる、こいつやるなと相手に思ってもらえさえすれば、あまり意地悪が続いたり困った事にはならないんです。

つまり我が子が意地悪されてたら、都合良く使われてたら、親だけは絶対に我が子を否定せず常に肯定してあげてください。そして、我が子がどんな事であれ自己主張するのを喜んであげると良いんです。

何故なら意地悪されてしまう子って、優しくて気遣いがあり過ぎて自己肯定感が低いから、あまりワガママ言えなくなってるんです。我が子のワガママを、よほど酷くないなら認めてあげましょう。もちろんダメなものはダメ、で良いけれど、子供らしくワガママを言える子供ってなかなか意地悪されません。

我が子が意地悪されちゃうといってるおかあさ、ワガママ言わせてあげてますか?ワガママを言う我が子も、否定から入るのはやめてまずはその気持ちを肯定してあげて下さいね。

自己肯定感が高くなり、自己主張ができるようにさえなれば意地悪されてもへっちゃらな強い子になりますよ。

関連記事:

小学校の担任の先生が頼りない!おかしい!何もしてくれないで不満な時の親の対応

2018.07.14

小学生の子供が友達に物を壊された、盗まれた時の親の正しい対応は?

2018.06.14

小学生の子供が小学校のクラスメイトや友達から悪口や文句を言われている時の対処解決方法

2018.05.29

小学生の子供が小学校でいじめや仲間外れにされている時の親の対応・解決方法

2018.05.29

許せない!小学生の子供が小学校で友達やクラスの子に暴力・叩かれる時の対処解決方法

2018.05.29